トピックス

鴻巣巧一ラッピングステージサポートカー

兵庫県赤穂郡上郡町 介護老人保健施設「高嶺の郷」に訪問

「高校3年生」や「孫」などのリクエストもあり、 笑いあり、涙ありで、ナツメロを含み約1時間熱唱。

四国徳島にて「たずねてみちのく」キャンペーンを実施!!
被災地の方の想いを込めて熱唱!!

大津波で流された大漁旗を集めて作ったハッピを寄贈され熱唱!!

カラオケ「ゆい」のママと

海陽町ディサービスセンター「わしずみ荘」にて (ボランティア訪問)

作家の福居先生と 戎田(えびすだ)機関長

 みちのくレコード商品の中で最も売れたのは、木田俊之さんの全曲集だが、息長く現在もオーダーが続いているのが、仙台市在住、鴻巣巧一さんが歌う「たずねてみちのく」。特に東日本大震災後、CDショップやレコード店から問合せも多く全国的なヒットの兆しを感じている。この作品が好調な背景は、東北各地に住んでいた方が懐かしい時代を思い出せるのが売れ続けているのだと思う。「君の面影 追いかけて 会津・若松・郡山、ふた月前まで 居たという 噂頼りに飯坂へ、恋しい 遭いたい たずねて 福島へ。 峠超えれば 米沢へ 愛を交わした かみのやま、花笠踊りの山形で君と下った 最上川、恋しい 遭いたい たずねて 尾花沢」、そして秋田大曲から角館、青森弘前城・ねぶた祭りと続き、南部曲がり家・宮古・釜石・大船渡が歌われ、僅か5分で東北を一周し、最後は仙台国分町に辿り着くという作品。特に単身赴任にたサラリーマンなら懐かしい思いでが蘇るもの。

 この作品が東北全域に広がった背景には、ミリオンセラー「孫」と同様に連盟推薦歌となり、東北6県の民放ラジオ局各社で放送、「みちのく歌謡祭」等のカラオケ大会で歌仲間が歌唱していることに尽きる。また、山形県内では、みちのくレコード企画制作ラジオ番組で、4月から3ヶ月間強化作品として放送、レコード販売店名も紹介している。このラジオ番組は、山形放送「サンデー歌謡パラダイス」と「やまがたアートステージ」更にエフエムやまがた「喫茶DEナイト」の三番組で毎週5回放送している。「孫」「紅花の宿」と同様に山形からヒット曲として発信すべく9月以降もラジオ番組で放送するが、更に東北全体でのラジオキャンペーンの検討に入った。

 そして作家の福居城大先生と鴻巣巧一さんは6月12日から四国徳島で「たずねてみちのく」キャンペーンを実施し、熱い歓迎を受けた。実は、四国徳島からまぐろ船「新盛丸」の戎田(えびすだ)豊明機関長が、塩釜漁港で水揚げすると国分町に繰り出し、「知床漁歌」「たずねてみちのく」に出会い、徳島へ持ち帰ると鴻巣巧一さんの楽曲が海陽町でブレークし、今回、仙台から千二百キロの長旅にもかかわらずキャンペーンを行ったそうだ。「カラオケゆい」「スナック輝美」「HIRO」「わらじ」、そして海陽町ディサービスセンター「わしずみ荘」でもボランティアして訪問、夫々熱い歓迎を受けてきたとのこと。「たずねてみちのく」の歌の輪は、東北だけではなく全国に広がりつつあり、ヒット寸前の嬉しい話題。ところで写真の大漁旗のハッピは、大津波で流された大漁旗を拾い集めて作ったそうで、海の男の気持ちが伝わるキャンペーンと言える。

みちのくレコード会長
白岩 英也

たずねてみちのく

作詞・作曲/福居 城大 編曲/千葉 有一

ここがふる里

作詞/船城 敏 作曲/福居 城大 編曲/千葉 有一

  • ■ たずねてみちのく(オリジナルカラオケバージョン)
  • ■ ここがふる里(オリジナルカラオケバージョン)